クオリティオーディオ工房
トップページ
品質工学
とは
品質工学
経営
品質工学
コース
コミュニケー
ション能力
クオリティ
ミュージック
クオリティ
ツール
ユーザー
フォーラム
クオリティ
オーディオ
資料提供
Down Load
会社案内
お問い合わせ
サイトマップ

 クオリティオーディオ工房では、独自構造のZWBR方式ダブルバスレフスピーカーエンクロージャーと真空管ハイブリッドアンプ(開発中)を提供するためにこの工房を開設しました。ZWBR方式エンクロージャーおよび真空管ハイブリッドアンプの開発において品質工学の手法を用いております。
ZWBR方式ダブルバスレフエンクロージャー
 ZWBR方式は以下の図のような独自の構造をしております。
 エンクロージャーの構造は、斜めの仕切板により第1室と第2室を分けております。
 ZWBR方式は斜めに配置された仕切板の横断面がアルファベットのZのように見えるところから、Z Double Bass Reflex(ZWBR)と名づけました。
 この構造により、エンクロージャー内の平行面が少なくなり定在波の発生を減らすことが出来、良質の低音域の増強が出来ます。
 また、仕切板が補強板をかねていますので、エンクロージャーの共振も抑えることが出来、余分な共鳴音を発生せずに聞きやすい音になります。
 ZWBR方式の特徴は、ダブルバスレフにより低音域の増強を図りながら第2ダクトの開口部を絞りダンピングをかけていることで、バスレフダクトの開口部を絞る効果は、ダクトの共振Qが下がりますが、共振周波数帯域が広がりかつ共振周波数が下がります。
 聴感上の効果はバスレフのボンつきを押さえ締りのある低音感が得られます。<BR>
 スピーカーユニットの特性に合わせて第1ダクトと第2ダクトの共振周波数と開口部面積を適切に選定するとバランスの取れた特性とともに低音感のある聞き易い音質になります。


   ネット通販モデル
 現在のところ次のモデルをYahoo!ショッピングにて販売を行っております。
(1ペア)Markaudio CHR-70v3用14リットルZWBRダブルバスレフエンクロージャー

(1ペア)8cm用7リットルZWBRダブルバスレフエンクロージャー
   各容積のZWBRの概要は以下をご参照ください。
 ZWBR_07L:内容積7リットルで8p以下のスピーカーユニットに対応
 ZWBR_14L:内容積14リットルで8〜10pのスピーカーユニットに対応
 ZWBR_20L:内容積20リットルで10〜13pのスピーカーユニットに対応

   個別製作モデル
 現在Yahoo!ショッピングに出品している以外のモデルで個別製作をご希望の方は、弊社お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
 
真空管ハイブリッドアンプ(開発中)
 現在開発中の真空管ハイブリッドアンプはオール三極管を使用しています。
 詳細については
3極真空管特性ハイブリッドアンプの研究 をご参照ください。
関連参考技術情報
 以下について技術情報を公開しておりますのでご参照ください。
 ・OmniMicを使用した低音域評価
 ・バックロードホーンの低域改善
 ・オーディオ関連ブログ(COGのブログ)
関連サイト: ネットワーク21研究会
Mail: info@qcreate.jp HP: http://www.qcreate.jp/
TEL 042(795)6221 FAX 042(796)6096
©Copyright 2006-2015 Quality Create Corporation. All rights reserved.