Qcreate_SN_WorksLE(簡略版)

 Qcreate_SN_WorksLE のご使用いただきありがとうございます。
 本ソフトウエアは、品質工学を適用した実験データーからSN比を求める解析ツールです。
 この説明書は、本ソフトウエアをご使用いただくのに必要な内容を含んでおりますので、ご一読いただくようにお願いします。

開発経緯
 Qcreate_SN_WorksLEは、品質工学を活用して技術課題解決に取り組む技術者に、少しでも品質工学を気軽に使っていただけるようにと思い開発いたしました。
 技術課題の解決に品質工学を活用し、実験して得られたデーターからSN比を計算したり、要因効果図から最適な条件を見出したり、基本機能の妥当性、誤差因子の選定及び水準の設定、制御因子の選定と水準の設定、確認実験の結果から利得の再現性を検証したり、初めて品質工学を適用とする技術者にとって、敷居が高いとよく言われております。
 Qcreate_SN_WorksLEの開発者は、多くの現場で担当する技術者と一緒に技術品質改善に取り組んだ際に技術者が何に悩んで苦労しているか現場での状況を見て、少しでも技術課題の解決がやりやすくなるようなツールの提供が必要と強く感じて、このソフトウエアを開発いたしました。
Qcreate_SN_WorksLEの特徴
 本ソフトウエアは、実験条件を指定すると、SN比の解析に必要なExcelのワークシートを自動的に生成します。
 実験条件の設定では、使用する直交表、信号の水準、データーの繰返数、誤差因子とその水準、標示因子とその水準及び計算するSN比を指定します。
 本ソフトウエアは、上記の指定に従ったワークシートの自動生成を行います。
 従いまして、計算の過程がすべてExcelシートに埋め込まれておりますので、より掘り下げた解析を行う際には、Excelシートに埋め込まれた計算式を変更して、目的に応じたきめ細かな解析を行えることができます。
 簡略版(LE)は、Qcreate_SN_Worksの標準版から、SN比の解析に必要な最小限の機能を抜き出しました。
取り扱い可能な直交表とSN比
 本ソフトウエアは、次の直交表に基づく実験結果を解析できます。
  L4(2^3)、L8(2^7)、L9(3^4)、L12(2^11)、L16(2^15)、L18(2^1*3^7)、L18(6^1*3^6)、L27(3^13)、L32(2^31)、L36(2^11*3^12)、L36(2^3*3^13)、L54(2^1*3^25)、L64(2^63)、L81(3^40)、L108(3^49)の直交表が使用できます。
 L128及び大規模な解析を行う場合は、Qcreate_SN_Works標準版とOffice2007が必要となります。
 本ソフトウエアで計算できるSN比は以下の通りです。
   望小特性、望大特性、望目特性、0望目特性、0点比例、基準点比例、一次式、標準SN比
実行環境
 本ソフトウエアの実行には、Office2000以上のExcelが必要です。
本ドキュメントの内容
Qcreate_SN_WorksLE 設定画面
ワークシート作成と保存先の指定
作成されたワークシートの構成
ジャンプテーブル
使用直交表
因子水準表
割付表
データー入力表
   (静特性0点比例基準点比例一次式標準SN比
SN比計算結果
   (望小特性、望大特性、望目特性、0望目特性、0点比例、基準点比例、一次式、標準SN比)
要因効果グラフ
要因効果の推定表
入力データーのグラフ
SN比計算方法
静特性
   望小特性
   望大特性
   望目特性
   0望目特性

動特性
   0点比例
   基準点比例
   一次式
   標準SN比
2乗和の分解
   0点比例、基準点比例、標準SN比における誤差因子
   0点比例、基準点比例、標準SN比における標示因子
   0点比例、基準点比例、標準SN比における誤差因子と標示因子
   一次式における誤差因子
   一次式における標示因子
   一次式における誤差因子と標示因子
インストールとシェアウエア登録
サポート情報
  Qcreate_SN_Works に関する、ご質問、ご意見及び品質工学の導入、推進、コンサルティングのご相談について、クオリティクリエイト株式会社のお問い合わせフォームhttps://nsf.tc/~qcreate/apply/ask.html からご連絡をお願いします。
Mail: info@qcreate.jp HP: http://www.qcreate.jp/
TEL 042(795)6221 FAX 042(796)6096
©Copyright 2009 Quality Create Corporation. All rights reserved.